Open Design Computer Project

オリジナルCPUから作る本格的自作コンピューター

ユーザ用ツール

サイト用ツール


hardware

ハードウェア開発の概要

ODCPのプロジェクトではオープンアーキテクチャ/オープンハードウェア/オープンソースのコンピュータシステムの構築を目指しています。既存のコンピュータシステムで問題があると考えたところを、プロセッサの命令レベルから見直し、新規に命令セットレベルから設計を行い、独自に開発を進めています。

コンピュータアーキテクチャについて

MIST32ベースのコンピュータは以下のシステムから成り立っています。

  • MIST32 Bace Processor
    • DPS(Default Peripheral System)※1
  • Internal Device Bus GCI
  • Memory Controller

※1 DPS : Default Peripheral SystemはProcessorに内蔵されています。

MIST32 Bace Processor

MIST32アーキテクチャに準拠するプロセッサの実装を用います。現在、MIST1032ISA : Processor, MIST1032SA : Processorの2種類を公開しています。

MIST32アーキテクチャの特徴やレジスタ構成などはMIST32 Processor Architectureを、命令セットについてはMIST32 Instruction Set Architectureを参照してください。

DPS : Default Peripheral Systemはプロセッサが持つタイマなどの基本的システムについて定義をしたものです。これはプロセッサに内蔵されています。

Internal Device Bus GCI

MIST32アーキテクチャはメモリマップドIOを採用しています。GCIはこれを実現するために用いる汎用デバイスコントローラです。すべてのMIST32ベースのプロセッサはGCIへの接続をサポートします。

Memory Controller

コンピュータには主記憶が必要です。当プロジェクトでは基本的にメモリコントローラは提供は考えていません。それは使用するボードに乗っているメモリの種類は多様なためです。ご自身で、メモリコントローラの開発を行う必要があります。

開発言語と公開について

現在ハードウェアとしては、現在RTLレベルで以下のソースコードを公開しています。これらはVerilog HDL 2001に準拠しており、一部SVA(System Verilog Assertion)で検証を行なっていますが、これはコンパイラ指示子で外す事が可能です。

詳細はDownloads - Hardware RTL Fileを御覧ください。

コンピュータとしては、プロセッサとバスだけでは成立しません。Internal Device Bus(GCI)に接続する外部デバイスコントローラも同時に開発を進めていて、こちらは一部開発を終えているものもありますが、順次公開を進めていく予定です。

hardware.txt · 最終更新: 2013/04/22 14:43 by takahiro