Open Design Computer Project

オリジナルCPUから作る本格的自作コンピューター

ユーザ用ツール

サイト用ツール


hardware:mist32rs0

MIST32RS0 : Reference System 0

MIST32のコンピュータシステムはモバイル向けに設計しているため、周辺デバイスの仕様は利用者が独自に設計し、実装することが可能です。しかし、いいかえると利用者がすぐに実験したくとも、その環境を構築するハードルが高いという問題点があります。 そこで、私たちが開発の上で使用しているシステム構成をリファレンスシステムとして公開し、MIST32ベースのコンピュータの実験をすぐに開始できるようにしたいと考えています。

バイナリの公開

Altera QuartusIIにて論理合成したバイナリファイルの公開は問題ないということが確認されたため、私たちがターゲットとしているTerasic DE2-115向けのバイナリの配布を検討しています。

MIST32RS0の構成

使用するプロセッサはMIST1032ISA : Processor, MIST1032SA : Processorどちらも使用可能です。

以下のデバイスが搭載されます。

GCI Node Num搭載デバイスデバイス名
1GCI-STD-KMC : Keyboard/Mouse Standard Controllerキーボード/マウスコントローラ
2GCI-STD-DISPLAY : Standard Display Controllerグラフィック・キャラクタディスプレイコントローラ
3GCI-STD-MMCC : MMC Standard Controllerマルチメディアカードコントローラ

DE2-115でのアサイン

KEY[0] Global asynchronous reset
KEY[1] System timing unit, PCR loop detector Reset(restart)
KEY[2] PCR Capture hold
SW[0] SW[17] == 1 のときに有効 (0) HEX Display → PCR Direct
(1) HEX Display → PCR Loop detector mode
SW[1] SW[17] && SW[0] のときに有効 (0) HEX Display → PCR Loop detector (High)
(1) HEX Display → PCR Loop detector (Low)
SW[17] (0) HEX Display → System Timing Unit
(1) HEX Display → PCR Direct, PCR Loop detector

ソースの公開について

MIST32RS0はバイナリのみならずソースも公開しています。ソースから論理合成したい方はMIST32RS0位外に以下のプロジェクトをダウンロードし、論理合成対象に追加する必要があります。

MIST1032ISA Processor

GCI BUS

hardware/mist32rs0.txt · 最終更新: 2013/10/16 21:50 by takahiro