Open Design Computer Project

オリジナルCPUから作る本格的自作コンピューター

ユーザ用ツール

サイト用ツール


hardware:tool

Hardware Development Tools

当プロジェクトで、ハードウェアの開発にて使用している環境を紹介します。

なお、公開しているCPUやバスコントローラ等はデバイス依存とそうではない部分を明確に分けて公開しています。よって、デバイス依存部分を変更するだけでここで紹介するツール以外にも、利用者は自分が持つ環境で自由に開発・使用することが可能となっています。

Verilog シミュレータ

Aldec Riviera-PRO
ハードウェアの信頼性を保証するためにRTL/ゲートレベルシミュレーションは重要です。しかし、コンピュータのようにとても大規模で高信頼性が必要とされる開発において、無償のシミュレータは残念ながら検証を満足に行うことができません。ハードウェアの特性上シミュレーションは完璧に行う必要があり信頼されたツールを使用するのが良いです。

シミュレーション速度・規模の制限がありますが、学生であればAldec社のActive-HDL Studentを使用出来ます。ライセンスについて「講義期間中、学生が無償で使えるライセンス」とありますが、Aldec社に問い合わせたところ、学生で学習用途であれば特に制限がないということでした。

Verilog LINTツール

Aldec ALINT
コードの質を高めるために、当プロジェクトではSTARCのRTL設計ガイドに準拠した記述を心がけています。STARC RTL設計ガイドは一般的にLSIを制作する際に基本とするデファクトスタンダードな記述となっています。その記述に則っているか検証のために、同ガイドに準拠する検証ツールであるAldec ALINTにて検証を進めています。

論理合成ツール

Altera Quartus II
開発したハードウェアを実際に実機で動かすための、論理合成ツールとしてAlteraのQartus IIを用いています。XilinxのFPGAであればISEまたはVivado、LatticeであればLattice Diamond等があります。

開発ボード

Terasic DE2-115
Terasic DE3-150 + オリジナルIF/Memoryボード
現状Inorder ExecutionコアのMIST1032ISAをDE2-115, Out or Order Execution実行コアでDE3-150を用いています。

hardware/tool.txt · 最終更新: 2014/05/23 01:21 by takahiro