Open Design Computer Project

オリジナルCPUから作る本格的自作コンピューター

ユーザ用ツール

サイト用ツール


overview

プロジェクト概要

Development Goals

Out of Order 実行に適した命令アーキテクチャの開発

New Out of Order Optimized Architecture for High Performance Mobile Device

現在のハイエンドプロセッサではOur Of Order実行という仕組みを採用し、プログラミングされた順序をハードウェア自身が都合の良い順番に変え命令レベルの並列性を向上させる仕組みを用いています。これにより命令レベルでの並列度は格段に向上しますが、ハードウェア規模の増大を招いてしまい、結果的に消費電力が問題となっています。

本プロジェクトにて製作を進めているオリジナルプロセッサは、Out Of Order実行を前提として考案したアーキテクチャにより、比較的にハードウェア規模を小さく抑えつつOut Of Order実行を実現するアーキテクチャとなっています。

命令セットアーキテクチャはMIST32 Processor Architectureとして、それに基づくプロセッサの実装MIST1032SA : ProcessorMIST1032ISA : Processorを開発・現在公開中です。

MIST32向けのコンパイラ・アセンブラの開発

MIST32アーキテクチャは完全独自のアーキテクチャです。コンパイラはもとよりアセンブラすら存在しません。

そこで、開発環境・開発支援ツールも移植と開発を進めていて、汎用的なコンパイラとアセンブラとして gcc, binutils(アセンブラ)のmist32向け移植を行なっています。こちらは、一通りの動作と検証を完了済です。

ハードウェアとの協調性を強化したオペレーティングシステムの開発

現在存在するオペレーティングシステムのほとんどは、ハードウェアの一方的な仕様に合わせて設計されており、非常に無駄が多いという問題点があります。

製作しているハードウェアを十分活用するために、新規にオペレーティングシステムをフルスクラッチで開発を行います。

Member

開発メンバー をご覧ください

overview.txt · 最終更新: 2013/07/27 05:38 by hktechno